贈与の手続きの流れ(財産が不動産の場合)

贈与の流れ

所有権の移転登記の流れ

①所有権の移転登記に必要な書類を集める。

所有権移転登記を行う際には、以下の書類が必要となります。
・贈与契約書
・登記識別情報、登記済証(権利証ともいいます)
・義務者側(あげる側、贈与者等)の印鑑証明書(発行から3ヶ月以内のもの)
・権利者側(もらう側、受贈者等)の住民票
・代理人に委任する場合(司法書士等)は委任状
・固定資産税評価証明書

②法務局へ申請
③登記完了後、法務局で書類を回収し、事後謄本で登記内容を確認します。

※申請に誤りがあった場合は法務局から補正の連絡があります。その場合、法務局にまた自ら出向いて、補正をしなければいけません。
 
当事務所に依頼していただく場合は、法務局に何度も出向いたり、書類作成、申請、回収などと行った煩わしい手続きは一切不要です。


相続に関する無料相談会実施中!

お客様によく読まれているページです

事務所紹介

スタッフ紹介

料金表

お客さまの声

無料相談会

遺言・生前贈与に対する想い

相談事前予約制度

遺言の失敗事例

アクセスマップ

お問い合わせ